WordPress 4.9.1 について

WordPress 4.9.1 へようこそ

最新バージョンへの更新ありがとうございます。WordPress 4.9.1 は、デザインのワークフローを円滑にし、コードエラーから守ります。

メンテナンスとセキュリティのリリース

バージョン 4.9.1 はいくつかのセキュリティ問題に対応し、11個のバグを修正しました。 詳しくはリリースノートをご覧ください。

大規模なカスタマイザーの改善、コードエラーのチェックなど🎉

デザインの下書き、衝突防止、予約公開、プレビューリンクにより改善されたカスタマイザーワークフローにようこそ。さらに、コードシンタックスハイライトとコードエラーのチェックにより、サイト構築の体験はよりクリーンでスムーズになります。最後に、もしこのすべてが素晴らしいものではなかったとしても、すてきな新しいギャラリーウィジェットと、テーマの閲覧と切り替えの改善があります。

カスタマイザーワークフローの改善

サイトデザインカスタマイズの下書きと予約公開

そう、読んだ通りです。投稿の下書きを作成し、手を加え、日時を指定して予約投稿するのと同様に、サイトのデザインを修正し、お好きなようにデザイン変更の適用・公開を予約することができます。

デザインプレビューリンクとの連携

サイトのデザイン変更の提案に対して、フィードバックが必要ですか ? WordPress 4.9 では、チームや顧客にプレビューリンクを送ることができ、デザイン変更の公開を予約する前にフィードバックを集め、まとめることができます。コラボレーションにとどまりません。

変更を保護する、デザイン編集の衝突防止

2人のデザイナーがプロジェクトに入り、デザイナー A がデザイナー B の美しい変更を上書きするといった場面に遭遇したことはありませんか ? WordPress 4.9 のデザイン編集衝突防止機能 (投稿編集の衝突防止と同様に) は、誰かがそれを変更したり、大変な努力を消してしまうことがないように、デザイン案を保護します。

努力を守るプロンプト

新しいデザインの下書きを保存する前に、誘い出されてデスクを離れたことがありますか ? 恐れることなかれ、席に戻ったとき、WordPress 4.9 は未保存の変更を保存するかどうか丁寧にお尋ねします。

コーディング強化

シンタックスハイライトとエラーチェック

これまでは表示に問題があっても、愛情を込めて書いた CSS のどこに間違いがあるのか分かりませんでした。CSS 編集と WordPress 4.8.1で導入されたカスタム HTML ウィジェットに対して実装されたシンタックスハイライトとエラーチェックを使えば、コーディングエラーをすばやく特定できるでしょう。一層簡単にコードを読み、調査し、すばやくコードエラーを修正するのに役立つと保証します。

安全のためのサンドボックス

真っ白な画面は非常に恐ろしいですね。WordPress 4.9 はエラーを保存すると警告するので、テーマやプラグインに取り組んでいるときに白い画面を避けられるでしょう。夜はもっとよく眠れますね。

前もって潜在的な危険性を警告

テーマやプラグインを直接編集すると、それが危険なやり方だと WordPress 4.9 が丁寧に警告します。次回の更新によって変更が上書きされてしまうことがないように、保存する前にファイルをバックアップすることをお勧めします。安全なルートを選んでください。そうすれば将来自分に感謝するでしょう。チームと顧客も感謝してくれるでしょう。

さらなるウィジェットの更新

新しいギャラリーウィジェット

WordPress 4.8でメディアが徐々に改善され、このバージョンでは、ウィジットでギャラリーを追加できるようになりました。

ボタンを押して、メディアを追加

テキストウィジェットにメディアを追加したいですか ? シンプルでも実用的な「メディアを追加」ボタンを使って、画像や動画、音声ファイルをウィジェットに直接、テキストと一緒に埋め込みましょう。

サイト構築の改善

テーマ切り替えをより確実に

テーマを切り替えると、ウィジェットが時々位置を移動してしまうことがありました。WordPress 4.9ではそれが改善され、新しいテーマに切り替えると決めた時にも、メニューとウィジェットが変わらず同じ場所にとどまります。さらに、インストール済みのテーマをプレビューすることも、新しいテーマをダウンロードして、インストール、プレビューすることもできます。デプロイ前にプレビューできることほど便利なことはありません。

メニューの説明の改善で、より分かりやすく

新しいメニューの作成手順に困惑しましたか ? おそらくもう大丈夫です。スムーズなメニュー作成プロセスのために UX を解決しました。新しいコピー文がご案内します。

Follow me!