投稿と固定ページ

投稿機能は、記事を作成し、投稿した日付をベースに時系列に情報が配信されます。
固定ページは、投稿した日付に関係なく、独立した新しいページとして表現できます。

大手ブログサイトとの違い

Amebaなど大手ブログサイトとの機能的な大きな違いは、上記、固定ページの存在です。
大手ブログサイトでは、この固定ページが存在しないため、記事を投稿し配信する通常のブログシステムとなります。
WORDPRESSが、一般企業のホームページに採用されている大きな点として、この固定ページの存在が大きくあります。
固定ページがあることにより、時系列に左右されることなく、会社紹介・概要・社員紹介・問い合わせフォームなどの独立したページを制作できます。

カテゴリやタグの違い

投稿には、複数指定可能なカテゴリタグによって様々なつながりを制作し、訪れたユーザーを、関連した情報へすばやく誘導できる特徴があります。
固定ページは、独立したページを制作するのに適しているため、制作する情報の内容によって、使い分けることが、重要な一つとなります。
※固定ページにも、カテゴリに変わる階層化(親ページ/小ページ)を使用し、制作上、ページの関連性を認識・管理することができます。

RSS機能

投稿は、RSS機能を有していますが、固定ページにはありません。
※RSSとは、配信されている投稿情報を、第三者が、効率よく収集することのできるフォーマット形式です。
このフォーマット形式を使い、RSSリーダーと呼ばれるような専用のソフトやツールを使用し、一括で記事を管理することが出来るようになります。

このサイトでいうと、下記がRSS情報となります。
https://wphandbook.net/feed

意味を理解し適切な仕様で使用する

最初は、分かりにくいかもしれませんが、日記や情報の配信などは投稿、なるべく固定したい情報(問い合わせフォームや会社情報など)は固定ページと、切り分けることにより、訪れるユーザーにも見やすいサイトとなり、SEO的にも効果のあるサイトになります。